病気やケガは、誰もがいつ起こり得るかわからないものですね。
健康診断や検査で病気が発覚したり、転倒して骨折等の大ケガをしてしまうこともありますね。
緊急入院や手術となったら、高額の医療費がかかってしまいます。
私も今年2月に検査入院を経験しました。

こんな場合でも、私達は「高額療養費制度」があるのでひとまずは安心です。
高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、
一定の金額(自己負担限度額)を超えた金額があとで払い戻される制度です。
自己負担限度額は、年齢と所得区分に応じて違ってきます。

例えば、標準報酬月額28万円から50万円の人が1か月の総医療費が100万円かかった場合は、
医療機関窓口(病院、調剤薬局)での負担は30万円になります。
後日、高額療養費を申請すると、212,570円が払い戻され、実質的には87,430円の自己負担となります。

注意しなければならない事は、一旦、自己負担分を支払う必要があります。
あとで戻ってくるとは言っても、一時的に負担がかかる事になります。

あまりあってはならないですが、同じ世帯で1年に3回以上高額医療制度を利用の場合は、
多数回該当となり更に医療負担金は少なくなります。

一部の健康保険組合では、一定額に達した場合に自動的に払戻する場合もありますが、
原則、高額療養費を請求しなければ、払戻しが受けられません。
医療費があらかじめ高くなりそうだという時は、
「限度額適用認定証」を事前に発行してもらい準備しておくと安心ですね。
医療機関の窓口でも「限度額適応認定証」のご案内を必ずしてもらえると思います。

【限度額適用認定証を事前に申請しましょう】

この「限度額適用認定証」を保険証と併せて医療機関窓口に提示すれば、
1ヵ月の窓口での支払いが自己負担限度額までとなります。

「限度額適用認定書」の申請窓口は、各健康保険組合になります。
被保険者が健康保険組合に直接申請することも出来ますし、会社経由で申請も出来ます。
ご注意いただきたいのは、申請書受付月より前に遡って交付はできませんので、
あらかじめ入院等が決まっている場合は、日程に余裕をもって申請してください。
私も今年2月に検査入院した為、事前に健康保険組合に申請して限度額適用認定書を発行してもらいました。

限度額適用認定証は、入院に限らず、通院治療でも利用することができます。
ただ、入院時の食事負担額や差額ベッド代、高度先進医療等の保険外負担分は対象外になります。この点は医療保険で備えたいですね。

なお、1か月の医療費の総額を見る時は、1日から月末までの期間で集計します。
治療が月をまたぐ場合は、2ヶ月トータルでみれば自己負担限度額を超えている場合でも、
単月では自己負担限度額を下回ってしまう事もあります。この点はご留意ください。

コロナウイルスで大変な状況ですが、健康管理には十分にお気をつけください。