本日は、株式などを購入する際に最近よく耳にするワードについてお話したいと思います。

株式を検討する際に、これは〇〇関連銘柄だから期待できるなど、聞きなれない用語
が出てきますので調べたいと思います。参考になれば幸いです。

・DX(デジタルトランスフォーメーション)
「ICT(情報通信技術)の浸透が、人々の生活をあらゆる面でよりよい方向に変化させる」という概念で、2004年にスウェーデンのウメオ大学教授、エリック・ストルターマン氏が提唱したものです。
日本においては2018年に経済産業省がガイドラインをまとめており、
「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、
組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」とより具体的に示しています。

とは言ったものの、それでも分かりづらいですよね。私も文系なのでイメージしづらいのが正直なところです。
日本もまだまだビジネス変革まではいっていないものの、新型コロナの拡大によって改めてDXが注目され、具体的に活用されつつあります。

例で挙げるとすると、オンライン飲み会やオンライン会議で使われているZOOMです。
(情報通信技術の浸透→対面会議からオンライン会議へ→出社せず在宅勤務)これもビジネスの変革ですよね。
コロナによって生活様式も大きく変わることが想定されており、DXがビジネス変革の大きなカギを握っていると思われます。

そういったテーマで投資対象を探していくのも、運用をする上での醍醐味だと思います。