資産運用・相続・保険のことならGpicaライフパートナー株式会社(FP相談カフェ)にお任せください。専属のFP(ファイナンシャルプランナー)がお待ちしております

保険

「必要な保障を少しでも安く準備したい!」そのように思ったことはありませんか?
将来のリスクに備えるための手段として、保険への加入は有効なものの1つでしょう。

 でも、保険って色々難しそう・・・
 安い保険料だと、万が一の保障も手厚くはなさそう・・・
 やっぱり、それなりの保障にはたくさんお金が必要になるのかな・・・?
 そのような「保険」に対するお悩み、ありませんか?
私たちが提案するのは、「リスクに対する保障と貯蓄性を兼ね備えた保険」。
専門的な知識を持ったファイナンシャルプランナーだからできる、ご提案があります。

(1)保険に加入するタイミングは?

(2)どんなリスクがあるの?

(3)あなたは「掛け捨て型」? それとも「積み立て型」?

(4)保険の専門家に相談してみよう!

(1)保険に加入するタイミングは?

 人生の中で、保険について考えるきっかけやタイミングは様々あると思います。いくつか例を挙げてみましょう。

  • 結婚
  • 出産
  • 住宅の購入
  • 子供の独立
  • 定年に伴う退職
  • 現在加入している保険の更新

                etc…
 きっかけは様々ですが、ご自身の置かれた状況に見合った保険、ご自身やご家族に起こりうるリスクに備えた保険を準備したいという思いは同じではないでしょうか。

思案

 さて、保険に加入しようと決めた後は、どこに、誰に相談しますか?
 今は保険ショップもたくさんありますし、どの会社やお店を選んでいいか迷うこともあるかも知れません。
 相談する相手選びも、保険選択に大きく関わってくるので、信頼できる会社・お店を見つけたいですね。

(2)どんなリスクがあるの?

 いざ保険に加入するとなった時、考えなければならないのは「自分はどんなリスクに備えればいいのか」という点です。
 一言で「リスク」と言っても、その種類は様々です。同様に、リスクに備える保障も数多く展開されています。
 まずは、そのリスク保障について、主だったものをいくつか見てみましょう。

<主なリスク保障>
  • 家族の主な働き手が亡くなった・働けなくなった時の、家族の生活費保障
  • ケガや病気での、入院費や治療費保障
  • 老後の公的年金不足を補う年金保障
  • 火災や、自動車事故に備える一時金補償

リスク

 上記のリスク保障はほんの一部に過ぎませんし、ご家庭によって重視したいことや優先順位も変わってくるものです。
 例えば、専業主婦の奥さんと小さいお子さんを持つ働き盛りのお父さんは、働けなくなった時のリスクに備えることが重要だと考えられます。もし、このご家庭では、車を運転する機会がほとんど無いのであれば、自動車事故のリスクにはあまり重きを置かなくても良いかも知れません。
 それぞれのご家庭の状況や、現在必要な保障、将来必要となる資金などから、どういった保険が適しているのかを、一緒に考えていきましょう。

(3)あなたは「掛け捨て型」? それとも「積み立て型」?

 同じような保障を準備するのにも、大きく分けて2つの型があります。
 月々の保険料が安く保障金額が多い「掛け捨て型」と、月々の保険料は高いけれど同時に貯蓄ができる「積み立て型」です。
 掛け捨て型とは、支払った保険料が返って来ない保険商品で、保険期間は一定期間と定められているものがほとんどです。例えば、保険期間20年の商品は、20年後に保険期間を満了すると保障はなくなり、これまで支払ってきた保険料は戻りません。また、期間中に途中で解約した場合も解約返戻金は受け取れません。一部受け取れる保険もありますが、保険料に対して少額の場合が大半です。このため、保険料は保障のみの費用となるため、保障金額を高く設定しても保険料は比較的安い傾向にあります。
 一方、積み立て型とは、保障機能と貯蓄機能が合わさった保険商品で、保険期間は一生涯(終身)のもの、中には期間が定められているものもあります。保険会社が保険料の一部を貯蓄として積み立てて運用するため、このように呼ばれています。貯蓄に回す金額が必要な分、月々の保険料が割高になる傾向がありますが、満期を迎えた時にお金が返ってきたり、途中で解約しても解約返戻金が受け取れたりするというメリットがあります。

掛け捨て積立

 このように、一口に「掛け捨て型」「積み立て型」といっても、それぞれに特徴があります。これは一概に、どちらが良いというわけではなく、それぞれのご家庭の状況や考え方によって、どちらの型が合っているか見極める必要があるということです。
 簡単に、掛け捨て型が向いている方・積み立て型の保険が向いている方についてまとめてみましたので参考にして下さい。

① 掛け捨て型の保険が向いている方
  • できるだけ毎月の保険料の負担は軽くしたい方
  • 「子供の独立まで」「住宅ローンを払い終えるまで」等、必要な期間だけ加入したい方
② 積み立て型の保険が向いている方
  • とにかく保険料が掛け捨てになるのがイヤな方
  • 保障を用意しながら、貯蓄もしたい方

 それでも「やっぱり自分にどんな保険が向いているのか分からない・・・」という方も、大丈夫。私たちと一緒に、起こりうるリスクやライフプランに合った保険を見つけましょう。

(4)保険の専門家に相談してみよう!

 まず、保険に関するあなたのお悩みやご不安ついてお話をお聞かせください。具体的な内容でなくても構いません。
 経験豊富なファイナンシャルプランナーがあなたにとってより良い保険選びと、資産形成のお手伝いをさせて頂きます。
 お気軽にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5942-6471 受付時間 9:30-18:30(水曜定休)

PAGETOP