資産運用・相続・保険のことならGpicaライフパートナー株式会社(FP相談カフェ)にお任せください。専属のFP(ファイナンシャルプランナー)がお待ちしております

資産運用

そもそも資産運用って何? する必要はあるの?
そのような素朴な疑問や、さまざまな資産運用の手段についてお答えします。

(1)資産運用は、なぜ必要?

(2)資産運用のメリットは?

(3)資産運用のデメリットは?

(4)資産運用の専門家に相談してみよう!

(1)資産運用は、なぜ必要?

①老後の生活資金の確保

日本に年金制度があるのは、もちろん知っていますよね。将来受け取れる年金には、主に国民年金と厚生年金があります。しかし、実際は、受け取れる年金だけで現役時代と同等の生活水準を保つことは、ほぼできないといわれています。そのため、自助努力によって足りない部分を補う必要があるのです。
「老後2000万円問題」という言葉が、記憶に新しい方も多いでしょう。定年退職後、20~30年の間、充実した老後を生きるためには約2000万円の老後資金が必要になるという試算が発表され、国民の老後への不安が一気に高まってしまったという問題です。
「人生100年時代」と言われているように、現在は誰もが長生きする時代です。中には定年を迎えた後、30年以上長生きする方もいるかもしれません。
長生きするということは、やりたいことができる時間が増える一方で、必要なお金も増えるということです。子育てを終え、仕事も引退し、やっと自分のやりたいことができるようになったのに、お金がなくてそれを諦めなくてはいけないというのは、悲しいですよね。

思案

②貨幣価値の下落への備え

突然ですが、ここで問題です。
現在の1万円と、20年前の1万円、価値は同じでしょうか? 答えはNOです。
お金の価値(貨幣価値)は常に変動しています。物の値段(物価)や大卒初任給などの要素によって判断されます。
インフレ・デフレという言葉を聞いたことがありませんか?
インフレ(Inflation・インフレーション)とは、物やサービスの値段が上がり、貨幣価値が下がることをいいます。逆にデフレ(Deflation・デフレーション)とは、物の値段が下がり、お金の価値が上がることをいいます。
下の図を見て下さい。例えば、現在は100円で買うことのできるハンバーガーが数年後には120円出さないと買えなくなってしまうかもしれません。これがインフレです。
反対に、数年後に60円出せば買えるとデフレになります。

インフレとデフレ

一見同じように見えるお金も、実はその時の情勢によって全く違う価値になってしまうのです。節約を重ねコツコツ貯めた貯金も、実際に使う頃にはインフレとなり、貨幣価値が下がって、買いたかったものが買えなかった・・・そのような事態に備えるため、余裕を持って資産を増やすことが重要になります。

(2)資産運用のメリットは?

資産運用のメリットとしては、「家計の見直しにつながる」、「将来に必要な資産形成ができる」という点が挙げられます。

①家計の見直しにつながる

現状の収入・支出の整理、将来のライフイベントでかかる費用のシミュレーションなどから、資産運用に回せるお金を導き出します。一般的には、普段の生活費のための流動性資金、将来使うことが決まっている定期性資金、使う予定のない資金である余裕資金の3つに分けて考えるのが良いでしょう。
現状を把握することで、家計を見直すきっかけになり、不要な支出のコントロールすることができるようになります。

②将来に必要な資産形成ができる

老後資金や住宅資金、子供の教育費など、将来のライフイベントに備えるためには多額のお金が必要になりますが、低金利の預金だけでは目標金額を達成するのは難しいと思われます。
資産運用を行う事で、預金だけでは達成できない金額も将来的には達成できる可能性が高くなります。

花に水

(3)資産運用のデメリットは?

資産運用のデメリットとしては、「元本が割れる可能性がある」、「さまざまな知識をつける必要がある」という点が考えられます。

①元本割れする可能性がある

資産運用は、株価や為替、金利等の変動などが大きく影響します。
必ずしもプラスになるというものではないので資産運用に回す資金の割合もしっかりと検討しなければなりません。
一般的には、流動性資金、安定性資金、余裕資金の3つに分けて考えるのが良いでしょう。

②さまざまな知識をつける必要がある

預金であれば放っておくだけで大丈夫ですが、資産運用は金融・経済・政治・世界情勢等日々動く事象に対し、知識をつける必要があります。

(4)資産運用の専門家に相談してみよう!

元本割れは嫌だし、知識は一朝一夕で身につけられない・・・でも、資産運用はやってみたい!
そのような希望をお持ちの方は、幅広い専門知識を持ったファイナンシャルプランナー(FP)に相談してみるのはいかがでしょう?
「資産運用は難しい、怖い、損をする」というイメージが強いかもしれません。
しかし、適切な資産運用は、将来必要な資金の準備に大きく役立つものになりますし、人生100年時代を生きる上で重要な役割を果たすものです。

「資産運用を始めたいけど、何をしたらいいのか分からない」
「銀行や証券会社で勧められた商品があるのだけど、いいのか悪いのか分からない」
「資産運用中だけど、このまま保有するべきか、やめるべきか迷っている」
「商品が多すぎてどれを選んでいいか分からない」

そのようなお悩みや不安はございませんか? 既に他社に相談した方も大歓迎です。セカンドオピニオンでも構いません。
お気軽に弊社へお問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5942-6471 受付時間 9:30-18:30(水曜定休)

PAGETOP